オーディオ環境

スピーカー8つ+サブウーファー(ちっこいサラウンドスピーカも加えるともっと)が何年も眠ったまま。いい加減オーディオ環境を整えたいがAVレシーバの高さに二の足。

とかやってるうちに5年くらい平気で過ぎそうだ。とりあえずやっすいミニコンポでも買うかな。

買ったまま一度も聴いていないCDが多分50枚以上ある。あと貰い物が50枚くらい。

パナソニック CDステレオシステム シルバー SC-PM250-S

パナソニック CDステレオシステム シルバー SC-PM250-S

  • 発売日: 2015/05/22
  • メディア: エレクトロニクス
 

 やっすい。

「旅するスペイン語」第4シリーズ

シシド・カフカ出演のシリーズ。放映が終わろうかという頃になって初回を観た。

あれぇ、面白いよこれ。語学学習番組としてはダメだけど旅番組としては面白く、食事でもしながら眺めるのに丁度いい。

第3シリーズはそもそもなぜ竹財輝之助を起用したのかよくわからない。多分、悪いのは俳優でなく企画。

一方シシド・カフカはアルゼンチンで暮らした経験がある上、芸術への造詣も深い。明るい旅人然とした竹財輝之助とは対照的に、今何を感じているかがピリピリと緊張感を持って伝わって来るのがいい。

4月から再放送されるそうです。

NHKテレビテレビ旅するスペイン語 2020年 04 月号 [雑誌]
 

もう飽きる

まずい、じつにまずい。

7ヶ月分テキストを買った「ラジオ英会話」をまだ1ヶ月分も消化していないのにもう飽きた。

番組の完成度はすこぶる高い上に楽に聴けるし出演者もいい。なのに飽きた。

要するに会話に興味がないのだろう。

NHKラジオの英語講座で一番面白いと思うのは「高校生から始める現代英語」。英文自体は難しくないが、ちょっと疲れる。

NHK語学2020年度後期

おんや「まいにちスペイン語」後期(10~3月)の予定もAmazonに載ってるではないか。

初級編:音の風景(再放送)

応用編:(新作)

 

これも買いかなあ。応用編はパスしたい気もするが「音の風景」はよかった。

混同しがちだが、ラジオ講座は 入門編>初級編>中級編>応用編 と難度が4段階に分けられている。

NHK語学2020年度前期

がんばってガイドを入手した。なぜ電子版を公開しないのだろう。

と思ったらここにあった。

「NHK英語テキストえらべるガイド2020」

https://www.nhk-book.co.jp/image/tachiyomi_a/eraberuguide2020/

いやトップから検索してもヒットしないんだけど。

ラジオ講座「まいにちスペイン語

入門編(新作) 講師:齋藤華子「エミの小さな旅」

中級編(再放送)講師:福嶌教隆「もっとニッポン!」

 

このテキストは買いかな。

テレビ講座は前・後期共に再放送とのこと。録画したけど観てないやつ。

 

ああ、ポルトガル語ラジオ講座は2015年の再放送だそうです。

いやほんとポルトガルポルトガル語講座誰か作ってYoutubeか何かで流してよ。